QQVの近況報告

更新のネタ切れ状態が続いているため、このページで私の最近の行動を報告することにしました。

過去の近況報告はこちらからどうぞ..






2008年10月5日

とうとうというかなんというか、一眼レフのデジカメを買ってしまいました。
これまで使ってたのはOLYMPUS CAMEDIA E-20。これからはNikon D60がこのサイトで活躍する予定です。


精悍なスタイルというよりは、お手軽な一眼レフという感じのスタイルです。小さくて軽い。

かつてのフィルムの時代のNikonからは想像できない感じのカメラになっています。なにしろ、これを選んだ一番の理由は..一番安かったから。しかも、もれなく「一万円キャッシュバック」付き。以前なら信じられない話です。
買ったのはダブルズームキットで、本体にレンズが2本付いています。お得な感じがしますが、さすがに付いてくるのは「それなり」のレンズで、使ってみた感じは..とにかく暗いです。
AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF)
当然、ほとんどの場合18-55mmを常用レンズとすることになりますが、最も広角側の18mmでF3.5はともかくとしても、55mmでのF5.6はさすがに辛い感じです。ISO感度が100-1600まで変えることができますが、使えそうなのは400まで、若干我慢して800まででした。レンズ交換で18-200mmまでカバーできますが、撮影中のレンズ交換は面倒!!
操作性はなかなかいい感じです。液晶画面に見えている設定項目にも、ボタン一つでアクセスできてすぐに変更することができるのは助かります。最近は、一眼レフでもコンパクトデジカメと同じように液晶画面をファインダ代わりに使えるものがあるようですが、残念ながらD60にはその機能はありません。あっても使わないと思いますが..
中央がオートフォーカスとマニュアルフォーカスの切り替えのためのレバー。その下が、手ぶれ補正機能のON,OFFのためのものです。

レンズに手ぶれ補正機能を内蔵しているので、対応していないレンズでは手ぶれ補正機能が働きません。オートフォーカスについても同様です。今のところ、この2本以外に他のレンズを持っていないので関係ありませんが..

左が手ぶれ補正機能OFFで、右が手ぶれ補正機能をONにしたものです。(焦点距離200mm)
2本の缶のうち、左側の缶の文字部分を等倍で切り取ってみたところこんな感じになりました。さすがに、ブレていないわけでもないですが、相当効果があることがわかります。
このカメラご自慢の「アクティブD-ライティング」という機能を試してみました。明暗差のある被写体を撮る時に有効な機能です。
確かにそれなりに効果があるようですが、どういう場合にどの測光方法と組み合わせればいいのか、今ひとつ確認できていません。その場で撮って確かめるしかないようです。
エントリー機のため、いろんな機能があるわけでもないですが、レンズに若干不満があるものの、なかなか使いやすいデジカメです。とにかく小さくて軽いのは助かります。さて、どんな写真が撮れるかな..


ではまたそのうち..




トップページへ