携帯 VS デジカメ 130万画素対決

携帯電話を買い替えました! なんと、130画素のデジカメ付き。
さてどれほどのものが撮れるのか。
デジカメとしては使い物になるのか。

....というわけで、古い130画素のデジカメを引きずり出してきて、
近所にお散歩に出かけてみました。
ただ、お天気が良くなかったので、コンディションとしてはイマイチ?!
何もこんな日にやらずとも..


今回対決させてみた2台。
OLYMPUS CAMEDIA D−400(左、以下D)とPanasonic P505is(右、以下P)

どちらも公称130万画素。
久しぶりに使ってみるとDは重い。
手持ちの秤で量ってみると。Dが383g、Pは126g。なんと3倍!

後から気づいたが、DはSHQで撮ったが、Pはファインモード。
さらに上にスーパーファインモードがある。大失敗!
この分を差し引いて考える必要があるか..



両者のレンズ部分。ほぼ同じ比率になっているはず。
当然Pのレンズの方が遙かに小さい。これで写るのか??

Dはともかくとして、Pもオートフォーカス機能を装備。
Dは光学3倍ズーム。Pはデジタル20倍。これについてはパス!



ここからは悪い画像が続きます..m(__)m
さて?
Dに対して、Pの方が随分コントラストが高いような。
Pは白飛びも目立ってます。
そらの色が....あれっ、どっちが本物??



接写比べはダントツにPの勝ち。Dはこれ以上近寄れません。
どうしたことか、Dは青カブリ? オートホワイトバランスがだまされた?
Pはアリさんの足の先まで激写!



草むらの中のクリの木。一面緑色だらけ。
Pのハイキーに対して、Dは落ち着いた感じには見えますが、今度は黄色過ぎ!
どっちもクリが....写ってない。



気を取り直して....クリに接近。
ここでも随分色調の違いが目立ちます。
かなりクリに近づいて撮っていますが、Pは後ろの枝にまでピントが..
これだけレンズが小さいとしかたないのかな。



思いっきり逆光で撮ってみました。
Pはそらの明るい部分が完全に飛んでいます。
一枚目同様、どちらの空が正しいのか??です。こんなに青かったかなぁ。




さて、どちらの勝ちなんでしょうねぇ。
もう少しコンディションのいい時に比べる必要があるでしょうが、デジカメはデジカメというところでしょうか。
しかし、Pの接写能力はなかなかのものです。しかもDでは電話ができません。
緊急用、記録用としてはPでも十分かな。

Pさんへ....
デジカメ風にして撮るとき、シャッターが堅くて押しにくいよぉ〜
フォーカスロックがしにくいし、ブレてしまいそう!



P505isリベンジ


このままではPさんに失礼なので、気合いを入れてもう一度。
接近戦に持ち込めばそれなりになんとかなるかと、部屋の中で小物を撮ってみました。
ライトがないので、蛍光灯です。(゜゜ )バキッ☆\(--;)ダメ!
せっせと補正もしてみました。
1280×960を400×300に縮めてあります。
今度は忘れずに、しっかりスーパーファインモードね。
さてどこまで使い物になるか....



無線のページのトップにあるVIBROPLEXのマニュピレーター。
光った金属部分はやっぱり苦手のようで、白飛び状態です。
さすがにここまで近づくと、全体にはピントは合いません。前ピン?



DoCoMoのsigmarion。ハンドヘルドの小さなPCです。
JPEGで圧縮をしてるせいもあって、手前のキーは字がつぶれてしまいました。
でもまぁ合格点..チト甘いか?



我が家の6mマシン。FT-655。パワーが出ない! 要修理品!
まぁそれは今おいといて....

手前の四角いキーの上の白い部分にも文字があるのですが、
これは全く見えませんねぇ。



三菱自動車の販促品。大人のげんこつより少し小さめの「ek-SPORT」
130万画素ということを考えれば、これは文句ないでしょう。
ライティングもばっちり。
このままオークションにでも出せるかな。



..ということで、曇天の景色を撮るよりはこの方がずっと写真らしく撮れました。
ただ、コントラストの強いシーンは苦手のようです。
これはデジカメの宿命かな。

どうもシャッターが押しにくくとうとう一枚ブレてしまいました。
ほんとに押しにくいです!
まぁしかたないかな....何しろ電話なんだから。

さすがにこいつだけを持って写真を撮りに行く気はしませんが、
一応カメラとしても、なんとか使える範囲ということにしておしまいにいておきます。




過去の近況報告へ