役に立たないデジカメ講座

画素数ってなんだ?




家電量販店の中でも随分賑わっているデジカメのコーナーにずらりと並んでいる新製品のデジカメ。
購入する時に一番気になるのが、「画素数」ですよねぇ。
これっていったい何なんでしょう?
いったいどれぐらいの物を買えばいいんでしょう?

もちろんどれを買うかは自分で決めていただけばいいのですが、
ここでちょっとだけ「画素数」について、私の知ってる範囲で書いてみることにします。
買う時の参考になり....ますかねぇ?


私が持っているそれぞれのデジカメを使って、最大のサイズで撮影した時の実際の大きさのイメージです。大きさは1/10に縮小してありますので、本物はこれの10倍の大きさです。また、それぞれの写真は、そのデジカメで撮ったものではありません。あくまでもイメージです!
27万画素 35万画素
KODAK DC20 FUJIFILM DS−20
27万画素 493×373 ( ? ) 35万画素 640×480 (1/3inch)
131万画素 151万画素
OLYMPUS CAMEDIA D−400Zoom OLYMPUS CAMEDIA E−100RS
131万画素 1280×960 (1/2.7inch) 151万画素 1360×1024 (1/2inch)
211万画素 524万画素
OLYMPUS CAMEDIA C−2040ZOOM OLYMPUS CAMEDIA E−20
211万画素 1600×1200 (1/2inch) 524万画素 2560×1920 (2/3inch)
画素とは、撮影した光を記録するための「点」のことです。「画素数」とは、その「点」の数ということになりますが、当然画素数が多いほどたくさんの情報(色や明るさ)が画面の中にあるわけです。上の写真の例ですと、「一枚の花びらがいくつの点でできているか」と考えればいいと思います。DC20ですと少しの「点」しかありませんが、E−20の場合は非常にたくさんの「点」でできているということが理解できますね。だから画素数の大きなデジカメの画像はきれいなのです。

ただ、面倒なことにデジカメの場合は、画素の集まり(CCD)の大きさにも若干影響されるようです。そのCCDの大きさを( )内に入れておきました。E−100とC−2040はどちらも1/2inchの正方形の中に、E−100は151万個、C−2040は211万個の画素が並んでいます。ということは、1つ1つの画素の大きさはE−100の方が大きいわけです。画素は光を受ける部分ですから、大きい方が得ですね。ただ、少々CCDが大きくても、画素数の優位を上回るようなことにはならないようです。もちろん同じ画素数の場合は、CCDが大きい方が有利です。
どれぐらいの画素数が必要か?
問題はこれなんです。その画像を画面で見るだけなのか、それともプリントするのか。これによって大きく違ってきます。
画面で見るだけ プリントする

画像の大きさだけで話をすると、DC20の27万画素でも十分ということになります。131万画素のD−400ですら、横のドット数(画素数)が1280もあるわけですから、ほとんどの方のモニタからはみ出てしまうと思います。画像の一部が見えません。ましてや、このサイズのままHPに貼り付けると、そんなページは誰も見てくれないでしょう。E−20に至っては、私のモニタの今の解像度では、全体の4分の1以下しか表示することができません。

ちなみに私の場合、HP用の画像は、
         320×240
までにしています。まぁこんなもんでしょ。

ただ問題は、画素数が少ないデジカメは、光学性能を含めたその他の性能もそれなりでしかないんで、気をつける必要がありますね。デジカメの値段は画素数だけで決まってるわけではありませんので..

また、大きなサイズで撮っておくと、必要な部分だけ必要な大きさに切り抜いて使うこともできますね。これはプリントアウトする時にも言えることですが。

こちらは少しやっかいです。どれぐらいの大きさにプリントアウトするのかで随分違いが出てきます。下の話を参考に、自分で計算して下さい。

プリントする時には最低200dpi(ドット・パー・インチ)は必要だと何かに書いてありました。1インチあたり200ドット(画素)必要だということです。私はこれでは少し少ないように思います。最低300dpiは欲しいところです。

C−2040の場合、長い方の辺が1600ドットですから、
     1600/300=約5.3インチ
ぐらいの大きさにはプリントできることになりますね。ちょっとややこしいですか? 1インチはおよそ2.5cmですから、
       5.3×2.5=約13cm
となります。ハガキの長い方の辺が15cmぐらいですから、ハガキにプリントするのが精一杯という感じです。ちなみに私はこれ以上大きな紙にプリントする必要性も感じていません。

これがE−20になりますと、
      2560/300=約8.5インチ
              =約21cm
です。A4の長い方の辺は30cmありますから、少し足りませんねぇ。でも実際にはきれいにプリントできると思います。ということはやっぱり何かで読んだ200dpiが正しいのでしょうか..

ちなみに200dpiで計算すると、
     C−2040なら20cm
     E−20なら32cm
となりますが、実際にこの大きさでプリントしたことがないので何とも言えません!  
とにかくいずれの場合にしても、必要もない画素数のデジカメを買うと、もちろんデジカメそのものの値段も高くなりますし、デジカメ用のメモリもたくさん必要になってきます。また、データを残しておくためのHDDも圧迫します。画像を快適に編集しようとすると、PCにもたくさんメモリが必要となってきたりで、何かと物入りになりますのでご注意を! ちなみに私愛用のデジカメはC−2040です。
■オマケ■
1.例えばC−2040の場合、総画素数は211万ありますが、そのうち画像に使われるのは202万し   かありません。(有効画素数) これはどのデジカメにもあることです。E−20の場合は、524万   に対して、495万です。残りの画素は他のことに使用されています。
2.画素は1つで1つの色のデータしか取り込むことができません。デジタルの場合、色は普通3色な   いと作れませんから、3画素で一色のデータを作っています。ところが、銀塩のフィルムの粒子は   1つで一色のデータを取り込みます。こんなことも考えると、35mmの銀塩カメラを無理矢理デジ   カメの画素数と比較してみると、少なくとも3000万画素以上はあることになってしまうようです。   無意味な比較はしない方がいいようです。デジカメはデジカメ!




デジカメ写真館へ