役に立たないデジカメ講座   

デジカメ入門




最近家電屋さんのコンピューターのコーナーに、たくさんのデジカメが並んでいます。
つられて私も買ってしまいました。
その時に色々と研究したことを書いてみました。
さて、お役に立ちますかどうか......?



画素数はやはり気になるところです
お店にたくさん並んでいる普及機はほとんど35万画素でした。同じ範囲を多くの画素で表すことになるので、当然画素数が多いほど高画質の写真が得られます(1)。ただ出来上がる写真の大きさも大きくなるので、レタッチソフトでの編集も大変です。ちなみに我が家のデジカメ達はというと、
  Kodak DC−20  27万画素 493*373 or 320*240
  FUJI  DS−20  35万画素 640*480
ということです。なかには141万画素、1280*1024なんていう高級機もありますが、大きなモニタでないと写真の一部しか見えず、表示や編集の時に苦労しそうです。
また、同じ画素数でも画像処理の仕方やソフトウエアの違いで画質が違ってきます。これは雑誌などの記事を参考にするしかないでしょう。ただ画素数を超えるような違いは出てきません。私は今のところ、DS−20の35万画素は満足しています。DC−20はそれなりです。

レンズは写る範囲と関係があります
普通のカメラ(35mmカメラ)の場合、レンズの焦点距離が短いほど広い範囲が写ります。(広角レンズ)また、焦点距離が長いほど狭い範囲を大きく写すことができます。(望遠レンズ)デジカメでも基本的には同じ事ですが、やっかいなことにデジカメの場合はCCDの大きさにも関係します。そのためデジカメのカタログ等のレンズの欄には「35mmカメラ換算値」が表示されています。またまた我が家のデジカメ達は、
  DC−20  焦点距離6.5mm 1/3インチCCD ・・・・ 35mm換算 47mm相当
  DS−20  焦点距離5.7mm 1/3インチCCD ・・・・ 35mm換算 38mm相当
と書いてあります。同じ場所に立って構えた場合、DS−20の方が広い範囲が写ることになります。普通のコンパクトカメラは35mm、一眼レフの場合は50mmあたりが標準です。(2)最近焦点距離を必要に応じて変えられるズームレンズの付いたデジカメも出てきました。もちろん便利ですが、カメラの大きさが大きく(重く)なってしまいます。 

記録枚数と記録方式
デジカメの場合、撮影した画像は本体に内蔵されたメモリにためておくことになります。フィルムの代わりです。ここに「何枚の画像をためておけるか」を、例によって我が家のデジカメ達で比べて見ると、
  DC−20 メモリ1M 493*373(標準)    8コマ (非圧縮)(3)
                320*240(スナップ) 16コマ (非圧縮)
  DS−20 メモリ2M 640*320(ノーマル) 30コマ (1/11圧縮)(3)
                640*320(ファイン)  22コマ (1/8圧縮)
DC−20はたくさん撮ろうとすると、画面のサイズを小さくしてメモリに保存します。DS−20はメモリに書き込む際の圧縮率を上げて枚数を稼ぎます。いずれにしても画質は悪くなります。今のところ、どちらのカメラも撮影枚数に不足を感じたことはありません。要は、カメラ内の画像をまめにHD等に入れ、常にメモリが空の状態で持ち歩くことです。DS−20の場合、予備のスマートメディアを購入するという手段もありますが......必要を感じません。  

ピント合わせ
デジカメもカメラである以上ピントを合わせなければなりません。その方法は固定焦点式・ゾーンフォーカス式・オートフォーカスがあります。さていつもの我が家のデジカメ達は、
  DC−20 固定焦点 0.5m−無限遠
  DS−20 固定焦点 0.5m−無限遠 マクロ 9−13cm (F=3.1)(4)
                0.2m−無限遠 マクロ 5−21cm (F=8)  (4)
です。固定焦点とは、レンズの焦点距離が短いため、被写界深度が深く、上の範囲ならどこでもピントが合うというものです。操作もいらず、複雑な機構もいらないため非常に便利ですが、当然ですがシャープさにかけるような気がします。ゾーンフォーカスは遠距離・近距離・マクロと切り替えるものです。切り替え忘れないよう気を付けましょう。オートフォーカスはカメラが勝手にピントを合わせてくれるものです。写したい被写体にピッタリとピントが合うので気持ちいいのですが、構造が複雑・シャッターチャンスを逃す(5)という点でまだ改良の余地あり....かな?

感度・シャッター速度・絞り
感度:フィルムやCCDの光に対する「敏感さ」を表しています。数値が大きいほど敏感です。暗    いところや動きの速いものを撮るときには大きい方が有利です。フィルムを買うときに100とか400とか言ってるやつです。
シャッター速度:シャッターを開けている時間のことです。暗いところでは長い時間開けておか
          ないと光が足りません。また速い動きのものを撮るときは短い時間で撮ります。
絞り:前述のレンズの後ろの穴です。光の量だけでなく、被写界深度(4)にも影響します。
           感度      シャッター速度      絞り     露出制御
  DC−20 800・1600  1/30−1/4000秒  F4・11  プログラムAE
  DS−20   150     1/4−1/5000秒  F3.1・8  絞り優先AE
この3つの数値で露出が決まります、というよりカメラがAEで決めてくれます。暗いところでは、長い時間シャッターが開いていますから、手ぶれには十分気を付けましょう。1/30秒でもシャッターを押し込んだ勢いで動いてしまうことはよくあることです。普通のフィルムの感度が100ですから、DC−20はすごく高感度で、暗い所にも強いということになります。その代わりか、DS−20の方はストロボ内蔵です。強い見方です。


付録1 銀塩カメラ(普通のカメラ)のフィルムが大きいほど画質がいいのと同じように考えればいいと思います。従来のカメラのフィルム1コマの大きさは、36mm*24mmに対してRB67(QQVのカメラ館参照)は60mm*70mmあり、写真展で使うような大きな写真にしても画像はきれいなままです。ちなみに普通のカメラですら35万画素のデジカメの7−80倍の画素数といわれています。比べものになりませんね。
付録2 レンズの特性上、焦点距離が短いほど、ピントの合う範囲(被写界深度)が広くなります。コンパクトカメラの場合、これを考えて少し広角気味のレンズを使用しているようです。
付録3 多くのデジカメは写した画像を圧縮してメモリに書き込みます。DC−20はその圧縮をしません。その分画素数の割に記憶コマ数が少なくなっています。DS−20はJPEG準拠のフジ独自の圧縮をかけています。圧縮はすればするほど画質が低下しますが、これくらいならたいした影響はないようです。ちなみにデジカメで1コマ撮影した後、しばらく待たされるのはこの圧縮に時間がかかるためです。
付録4 レンズの後ろには「絞り」という機構があり、これを開閉することでフィルムやCCDに入る光の量を調節しています。Fの値が大きいほど絞りの穴が小さくなります。この穴を全開にしたときの値(Fの最小値)がそのレンズのF値ということになります。いいレンズほどF値は小さくなります。絞りの穴が小さいほど被写界深度が深くなりピントの合う範囲が広くなります。
付録5 デジカメはシャッターを切ってから画像を書き込むまでにタイムラグがあります。シャッターを切ったときにAFがロックされ、書き込むまでの間に被写体が動くと......ピンぼけ?


デジカメを購入するまでに調べたことを自分が理解できる範囲で書きました。
昔の写真の知識が役に立ちました。
これから購入を考えている方の参考になればと思います。

傑作ができることをお祈りしています......。




デジカメ写真館へ