役に立たないデジカメ講座

超初級デジカメ講座




このPageはデジカメ篇からのリンクになっていますが、
内容は「銀塩」(普通のフィルムで撮るカメラ)の経験から作ったものです。
何しろデジカメでの撮影経験はまだまだ浅いもんで......。



Point 1 レンズの前の邪魔者

誰でも気を付けていることですが、いざ「撮る!」というときに忘れがちなことです。指・ストラップ等がレンズの前で邪魔をします。モニター付きのデジカメの場合こんな事は起きないはずですが、電池を節約している場合は要注意です。もちろんレンズだけでなく、ストロボや測光用の穴(ここで被写体の明るさを測定しています)も同じ事です。私のDC20(Kodak製)にはこの穴がファインダーの下にあります。荒技ですが、逆光の時わざとこの穴を指で塞いで露出の調整をしています。


Point 2 画面の四隅のチェック

当たり前の話ですが、写したいものは普通画面の中央付近にあります。我々はファインダーを覗いた時、そんなものに注意を払ってはいません。放っておいてもそいつは画面に写ります。そんなことより、「画面の四隅に余計なものが入っていないか」と片目でファインダーの中をキョロキョロと見回しています。デジカメの場合、後の画像処理でトリミングしてしまえばよさそうなもんですが、さすがに隅っこだけ切り落とすことはできませんし、一辺だけをトリミングをすると縦横比が変わってしまって、せっかく撮影するときに考えた被写体の位置(構図)が悪くなることもあります。


Point 3 ちょっと視点を変えてみたら

写真を撮りなれていない人は、最初にカメラを構えた状態でシャッターを切ってしまいます。構えたまましゃがんだり、左右にカメラを振ったりして構図を変えてみましょう。特に自分の目より低いところにあるものを撮るときは、一度はしゃがんでファインダーを覗いてみましょう。子供さんを立った姿勢で撮ると、ぺっちゃんこの人間ができあがってしまいます。ちなみに、女性を撮るときもしゃがんで撮ると足が長く写り、喜ばれることもあります。ただしあまり低い位置から上を見上げると、画面の両端に垂直に立った物が傾いて写るということもあるので、何事も程々に。(デジカメに多い広角レンズの特性です)


Point 4 思い切って近づいてみることも

人を撮る場合、ついつい全身をファインダー内に入れたくなるのは人情です。それはそれでいいのでしょうが、もうワンカット余分に少し近づいたものも撮ってみましょう。数人を一度に撮る場合はなおさらです。「必要なところだけを大きく」を心がけましょう。二三歩近づくだけで随分雰囲気の違う写真になるはずです。また、被写体の全体が写っているより一部だけが写っている方が、被写体が大きく見えて迫力が出たり、視野が広く見えたりします。また顔のアップの場合、頭の先は少しカットした方がいいようです。日本人は髪の毛が黒すぎ、画面にしめる黒の割合が多くなりすぎるからです。


Point 5 その場の光源の雰囲気を大切に

最近のデジカメにはストロボが付いているものがたくさんありますが、たとえばキャンドルサービスのような場面をストロボを光らせて撮ってしまうと、せっかくの雰囲気が台無しです。ただ、ほとんどのデジカメはホワイトバランスがオートになっていますので、こいつもマニュアルにするなどして光源に合わせる必要があります。これには技が必要ですが、とりあえず色々と変えて撮ってみることでしょう。DS−20はマニュアルモードでホワイトバランスが調整できます。それから蛇足ながら、デジカメに付いているようなストロボではせいぜい3−4mくらいが限度です。とどきもしないストロボの発光は電池の無駄だけでなく、いらない近くのものだけが明るく写って、肝心の被写体は暗闇の中です。ご用心!


Point 6 AEロックをうまく使おう

コンパクトカメラ等で多く採用されている、「シャッター半押し状態」のことです。逆光時の人物の顔、青空に浮かんだ無線のアンテナ等はそのままではバックに露出が合い、撮りたいものが暗くなってしまいます。自分の陰や日陰にカメラを向けてシャッターを半押しにし、そのままの状態で被写体にカメラを向けてシャッターを最後まで押す。これだけでかなり出来上がりが違います。DS−20はこれができますが、DC20はできません。思わず前述の「穴」を指で塞いでしまいます。


Point 7 いろいろなタイムラグに注意

自分のデジカメのシャッターを押してから、実際に写るまでの時間を覚えておきましょう。手ぶれの原因や、微妙なシャッターチャンスを逃す可能性もあります。この時間はカメラによって随分差があるようです。ストロボ付きの場合、シャッターを押してからストロボが光るまでの時間がそれです。DS−20はこのタイムラグは皆無です。(すばらしい!)モニターの画像が「ガクッガクッ」とコマ送りのように動くタイプや液晶のレスポンスの悪いものはさらに注意が必要です。動いているものを撮るときは、チャンスを逃さないよう、ファインダーを覗くか、ノーファインダー(実際の被写体を両目で見る)で撮る方がいいかもしれません。ちょっと慣れが必要ですが....。


当たり前の話ばかりですみません。そこは「超初級」ということで....。
 次回に期待! またのお越しを! 




デジカメ写真館へ