IGU-CHAN作りました




いつもの移動のお友達、JA3BXC局とJA3EBY局から入手した情報で、
7L2RAC局のお世話になり、メモリキーヤー「IGU-CHAN」を作ってみることになりました。

とにかく設計か完璧! ミリ単位の設計には驚きです。
7L2RAC局のご厚意で頒布されているこのキット(?)、隅から隅まで非常にうまくできています。
メモリするのも、文字を入力するだけなんで、パドルがヘタなQQVでも簡単簡単!

分厚く懇切丁寧なマニュアルも付属。
全く工作をしたことのないQQVでも完成させることができました。
QQVはこのマニュアルを何度も見たため、ボロボロにしてしまいました。 (-.-;)


完成した直後に7L2RAC局からPICのバージョンアップのお知らせ!
なんと親切な....迷わずバージョンアップ!


ちなみに、JA3BXC局、JA3EBY局、JS3UAB局とQQVの4局でお揃いで手に入れました。
全員で持ってどうすんの??


第一段階
← 先ず第一段階。

ここまではさすがのQQVでも完璧。
ただ並べればいいだけ。\(--;)

プリント基板上の部品の配列も
あれこれと考えられています。

中央付近の大きなソケットに、
40ピンのPICが収まります。
次にケースの加工 →

ここで適当なことをしてしまって、
後々苦労する羽目に。

穴はしっかり測って開けましょう!


部屋中金属粉だらけにしながらも、
なんとか加工完了!
ケースの加工
配線
← さていよいよ配線開始。

ここで普段工作などしないQQVは、
意味がわからず大混乱。

それでも何とかつなぐことができた
のは、親切なマニュアルのおかげ。

各部のチェックも無事完了!
QQV大混乱の図 →

ここまで来たらもうやけくそ。
とにかく言われるがままに..。

写真以上に机の上は大混乱。
写真を撮ってる場合ではない!

この後スイッチを入れるも、
画面には何も表示されない。
大失敗....と思ったら、半固定抵抗を
調整していなかっただけと判明。
QQV大混乱の図
無事完成
← というわけで無事完成!

各ボタン類に貼るシールまで用意
されてましたが、若干大きく感じた
ので、勝手に自分で作ってしまい
ました。SRI 7L2RAC m(__)m  


メモリ3に恐ろしいものが..


最後の最後に大変なことが発覚!
よぉ〜く考えたら、『我が家にはパドルがない!』
さっそく注文する羽目に....。



お ま け

BXCのIGU-CHAN
JA3BXCのIGU-CHAN

よい子の見本
お約束通り作るとこうなります。

すでにお山の移動で実戦配備。
快調に動いてるようです。
JA3EBYのIGU-CHAN

悪い子の見本
勝手にケースを変えてしまいました。


それにしてもなかなかの腕前!
ここまで来ると執念です。

LCDのフィルムぐらい剥がせぇ〜
EBYのIGU-CHAN
UABのIGU-CHAN
JS3UABのIGU-CHAN

なんとっ!
上面にネジが見えない!
他のと比べてみて下さい。

さすがに完成が最後に
なっただけのことはあるなぁ..




アマチュア無線のページへ