QQVとアマチュア無線




1987年開局

ちょっとだけかじった「飛ばない」合法パーソナル無線では満足せず、ラグチュウ用のモービル機、山での連絡用のハンディー機を運用するためとりあえず開局。交信相手は、これが腐れ縁の始まりJF3OBE局。他友人数名。もちろん、当初はおきまりの430MHzFMのみの運用。
その後、違法無線局や空きチャンネルがないことを理由についに430MHzFMから撤退。1200MHzレピーターでのラグチュウ中心の時代を経て、50MHzFMでのラグチュウに転向。そもそもこれが今のQQVの始まりになった。
95年春のある日、いつものように6mFMで話をしながら車で通勤していると、突然59オーバーで「ブレイク!」の声。  「先程からお聞きしてますと、3エリアのようですねぇ。こちら8エリア旭川Cityモービルです」Eスポは知ってはいたものの、経験するのは始めて。感激!感激! 数日後、今度は帰宅途中の車の中で「CQ」を連発する士別市固定局発見。思わずコールしたところ、簡単に応答され、これまた感激!感激!


1995年JARL入会

当時貧弱な設備で大胆にも「430MHz移動運用」をやっていたJF3OBE局と上のEスポ等に刺激され、7月にJARLに入会。同時にTS−60Vを購入しモービルホイップで6mSSBワッチ開始。折からのEスポシーズンに助けられ、日本中の各局と交信でき大満足。この程度でやめておけばよかったのかも....?
この年、何の自慢にもならない「モービルホイップ10WでAJD」達成。これぞ6mの魅力。醍醐味。


1996年移動運用開始

固定近くの北摂(大阪北部)の小高い山へ車でちょこちょこ行ってはみるが、さすがにモービルホイップではこれ以上聞こえない。3エリアから遠くの局を呼ぶ声がむなしく聞こえるのみ。もう少し「アマチュア無線」を続けるために2エレHB9CVと4.5mHのポールを導入。さすがに随分世間が広がったという印象。「聞こえる局を呼んでいく」のスタイルでJCC−100・JCG−100を頂いた。
この年、第三級アマチュア無線技士を受験、無事50W局開局。


1997年

さすがの2エレにも限界はあるようで、この年には4エレHB9CV・4.5mHを導入。またまた世間が広くなる。「聞こえる局を呼んでいく」のスタイルは相変わらずだが、ちょこちょこ声を出してたおかげで、気安くお話ししていただける局も数局でき、少しアマチュア無線家の仲間入りができたかな?
「福島県」とQSOでき、WAJAをやっとのことで達成。JCC−300・JCG−200GET!


1998年

「今年はCQを!」を目標にシーズンに間に合わせようと現在移動グッズ準備中。気合いを入れるため、QSOパーティーも「CQ」を出して参加。設備もFT−655とタイヤベースはゲット。
残るはアンテナとポールや! 地を這う4エレからの脱却の日も近い??
JCC−400・JCG−300GET!


1999年

設備もおおきくなってきて、一緒にお外で遊んでくれるお友達もできました。段々と目標も大きくなり、遠くの移動局を追いかけるようになりました。CWも始めてみましたぁ〜。
JCC−500・JCG−400GET


2000年

益々移動設備も充実。さらにお友達も増えて、迎撃のためでかける回数も増えました。CWも本格的に追っかけ開始。
JCG−500GET


2004年 2.15現在

AJD , WAJA , JCC−600 , JCG−500
すべて50MHzSSB特記