RY-66A買いました




Radix社の6ele八木、「RY−66A」を購入しました。
「軽量で移動に最適」というのが魅力で、購入を考えている方もおられると思います。
買ってみないとわからない部分を、買ったQQVが紹介します。

詳しくはもちろんRadix社のHPへ。

1.先ず「ブーム」

ブームは4分割されています。取り説によると、

 ブーム(A)   アルミ  25φ×1,400mm   2本
 ブーム(B)  アルミ  28φ×1,600mm  2本
 中継パイプ  アルミ   25φ×  300mm  1本 


となっています。(A)が両端、(B)が中の2本というのは想像がつくと思いますが、(B)どうしを中央でつなぐために「中継パイプ」と称する物が必要になってきます。これが意外と面倒です。つけたままだと

   (B)の全長が1,750mm程度になり、ちょっと車内には....という感じです。

2.「エレメント」

   

エレメントの先端 各エレメントの先端部分です。

それぞれのエレメントは、アルミでできた太い部分とステンレス
でできた細い部分でできています。使用するときは、ネジを緩
めて細い部分を引き出します。(細い部分が抜けることはありま
せん) 細い部分を縮めた状態での長さはどのエレメントもブー
ム(B)とほぼ同じ1,600mmほどです。

このエレメントのつくりがRY−66Aの特徴なんでしょうが、縮めているときに細い部分が太い部分の中で暴れています。移動地へ向かう途中の車内は、このノイズでイライラします。

3.ブームとエレメントの取り付け
エレメントブラケット エレメント中央の穴
ブラケット&エレメント&輪ゴム エレメントブラケット(左上)の2本のボルト(細い方)にエレメント中央の2つの穴(上)を差し込みます。
本来は付属の蝶ネジで止めるのですが、QQVは左の写真のように、ごっつい輪ゴムで止めています。ボルトの足が十分に長いので、これでも結構しっかり止まっています。

当たり前ですが、ラジエター以外のエレメントは縮めた状態ではみんな同じに見えます。区別するために小さなステッカーが貼られていましたが、3回の使用で既に見えなくなってきました。ビニルテープ等で色分けでもしておこうと思います。

4.ラジエター&給電部
給電部 ショートバー
給電部(左)とラジエターに付いているショートバー(右)です。
少しわかりにくいかもしれませんが、同軸は写真のMコネクタからブーム
に対して、平行に出ます。給電部のこの部分は、簡単にははずすことが
できません。したがって右の写真の状態で持ち運びすることになります。
5.特性

QQVにはむずかしいことがわかりません。はたしてこのアンテナがいいのか、悪いのかもわかりません。少なくとも今まで使っていた4エレHB9CVよりはよく聞こえている気がします。苦労して持ち上げるせいかもしれません......? 以下RadixのHPより抜粋。

VSWR & ビームパターン


利 得 11.6dBi FB比 18dB以上
ブーム長 5,700mm 重 量 4.4Kg





アマチュア無線のページへ